書籍・雑誌

2009年3月 3日 (火)

明日はBuffです

明日は福島での講座です。

Buffの講座。

Dvc00008 今日は外で最後の準備をしていましたcafe

集中できますhappy01

明日は、どんな風にすすめていこうかなと最後の練りをします。

見渡すと、勉強をしていたり、読書しているお客さんが多いんですねshine

カフェで一人過ごすことができるようになったとき

おとなになったheart04」と思ったものでした(笑)

前回から引き続きご参加くださる方と新たな出会いの方と、とても楽しみですconfident

楽しい1日になりますように・・

Dvc00010 そして

最近、こんな一冊を見つけました。

夜の凹み本 366のココロの風船」(だいわ文庫 藤原ようこ著)

風船みたいな言葉を並べて、ココロをふわっと軽くしたいと作られた本です。

寝る前にちょっと開いて読むだけでなんだかふんわりした気持ちになります。

Dvc00011 なかには、

ほんとうに短い言葉が並べてあります。

366の。

とってもかわいい本です

コピーライターでもある著者の言葉は魔法のような感じがしました。

ことばの力を感じるとともに、ことばをとても大切にしているんだなと思える一冊です。

例えば

心が疲れてしまったら、ちょっと昼寝でもすればいい

いつでもゼロに戻れる勇気

だいじょうぶ、だいじょうぶ、2回言ったら落ち着いた

がんばってみたけど、フランス人にはなれなかった」・・などなど、ちょっと真面目でちょっと可愛いそんな感じです。意味深いheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

インパクトのある本!

信頼する方から面白い本を紹介していただきました。

タイトルからインパクトがあり惹かれます。

Dvc00040 そのタイトルは

『個性を捨てろ!型にはまれ!』ですcoldsweats01すごいインパクトのこの本。

でも、とても面白い本でした。

人気漫画「ドラゴン桜」の著者三田紀房さんの本です。

ドラゴン桜は何年か前に、ドラマ化もされて、とても夢中になったのを覚えています。このドラマは偏差値30台のダメ高校生が東大入試にチャレンジする姿を描いたものでした。これもすごいインパクトのある面白いドラマでしたshine

タイトルはすごいけれど、なるほど!と思うところも多くあります。「個性なんかいらない、型にはまってこそ成功できる」「世の中」には、成功するための型があり、個性も才能もいらない、ただ用意された型にはまればよいと過激な言葉から、この本は始まります。

個性重視」が叫ばれる今の時代では、「個性がなければ人にあらず」という風潮になり多くの若者が迷ってしまっているのではないか・・と。

本当にそれが正しいのか、本当の個性とは何だろう、個性はそんなに大事なのか・・ということを投げかけています。

確かに主張の強い本ですが、私はこの本から、基本をまず身につけることが大切だということをよみとりました。基本・・なんでも基本があると思います。まずはしっかりと基本ができてこそ、応用ができると。すぐに応用、人と違うことをしたいって思うかもしれません。でも、本当は基礎ができているからこそなんですよね。いきなり飛びぬけたことはできないし、それはけして個性的ではないと。

ある意味「型」。きっちり決められた型にはまってそれができて、そこに個性をだしていくこと。

私自身、講義をしていく上で、所属している会社の型があります。きっちり、その型にはまること。基本をしっかり身体に入れること。そこから自分らしい講義をすること。確かに、自分なりに個性的な、人とは違う講義がしたい気持ちは誰にでもあると思いますし、私自身も同じです。だけど、型にはまらず、人と違う個性的な講義をすることは、個性とは言えないと。それは自分のエゴであり、相手の求めているものを無視してしまうような・・・。そんなことを当てはめて考えられる本でした。

こんなに、インパクトの強い本でも、最後に著者が語った彼が思う個性とはというところで、この本に出合えてよかったなって思いました。

著者は個性を全否定しているわけではなく、「人と違うこと」が個性ではないと。意味もなく目立ったり、変わり者になることが個性ではない・・

じゃあ、何が個性

誰かの役にたっていること

誰かの役に立ち、誰かに求められ、誰からか感謝されることが、その人に存在価値があり、また個性がある証拠」なのだと。「どんな仕事であれ、たとえ簡単な仕事であっても、そこには「あなたが必要」でその仕事はあなたがいるからこそ回っているのだ

きっとあなたは誰かの役に立っている、自分の気づかないところで誰かに求められ、気づかないうちにそれに応えている。その意味であなたは十分すぎるほど個性的であり、その個性と存在価値はずっと保たれていく・・

これらの言葉で締めくくられています。心を動かされた部分を抜粋しているだけですので、中には過激な表現もあるかもしれませんeyeshineそれでも、共感する部分が多いのは現代社会の中で忘れつつあることを考えさせてくれるからでしょうかhappy01また、著者自身もさまざま経験を通して感じ取ったことだからでしょうか。

いろんな読み方があると思いますが、私はこんな風にこの本を読んでみましたnote

ただ・・電車でこの本「個性はすてろ!型にはまれ!」を掲げて読むのはちょっとインパクトが強すぎて・・・こっそり読んでいた自分が可笑しかったですcoldsweats01book

とても読みやすい本です☆興味のある方は手にとってみてくださいね。久しぶりに面白い本でした!手に取るとき、ちょっと度胸がいりますが(笑)。特に私はcoldsweats01穏やかな立ち居振る舞いを心がけ、マナーについて考えているイメージ!?なのに(笑)「個性はすてろ~!」なんて本を手にしているのですからsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

ecoとseco

最近は  「エコ」もがんばろうと思っています。さらに「セコ」(笑)無駄にしない、そして環境にも優しくheart01だからエコ+セコですshineTVで「セコブーム」なるものを以前やっているのをみました。いわゆる賢く節約flairということですよhappy01

私にできることは何か?考えています。もちろんお仕事のこと、プライベートなこと。そしてもっと大きなこともrecycle小さな積み重ねがひとつの大きな成果に繋がっていく・・・これは自分が仕事を始めて気づいたことです。会社の組織の中にいると、自分ひとりが頑張っても・・何も変わらないのではないか・・なんて思いませんか?社長まで遠い、大きな会社であればあるほどそんな風に考えてしまいます。でも、小さくても一人ひとりが声をあげればきっと大きな力になって会社を動かすことができるのではないか・・・そんな風に思うようになりました。何も始めなければもちろん何も始まらない。第一歩を踏み出すかどうかshineとはいえ、なかなか難しい現状なのかもしれません。だから、地球規模と考えると、それはそれは壮大ですねcoldsweats01それでも、今、エコブームなのは、多くの企業の取り組みや、国の呼びかけ、そして媒体活動。これに賛同した私達一人ひとりもエコに協力していくことで、環境は少しずつ変わっていくheart01これってすごいことnotes

私ものっかてますこの波waveに。

考え始めると、「お~こんなこともできるんだ」なんていろんなものに目がいくようになって楽しくなります。

最近はユニクロに着なくなった商品をrecycle返却しにいきました。ユニクロではユニクロ商品に限って、もう着なくなった衣料品などを3月と9月に回収して、「サン・キューリサイクル」(ネーミングもうまい!)を実施しています。洋服を必要としている発展途上国に寄付したり、リサイクルにしたり、そんな試みをしています。めぐり巡ってまた誰かの役にたったり、喜んでもらえるということを考えながら着なくなった洋服を持っていきましたnote

ホスピタリティの心をこんなところから始めるのもいいのではないでしょうか?

Dvc00001 そして、「セコ」?の図。

下駄箱の扉の建て付けが悪く、閉まらない状態でしたsweat02そこで思い切り、外してしまい100円ショップで買ったカフェカーテンを突っ張り棒で2段に重ね、目隠しにしました。

合計400円の作品ですheart01

なんとか靴のむき出し状態は避けられました☆

Dvc00012 そして、お気に入りになった雑誌「eyeco」heart04

エコをはじめ、体にやさしいもの、おしゃれなもの、上質なものなどたくさん詰まった雑誌です。もちろん購入することもできます。

早速買ったものがあります。

また、あとでご紹介したいとおもいますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ひなまつり

今日はひなまつりcakecherryblossom

スーパーの中も賑わっていました。友人一家が夕飯を食べにきてくれるということで、張り切って準備しましたhappy01子供たちも一緒なので、お子様メニューです。

Dvc00004 Dvc00003 焼きカレーもどき?とサラダから揚げでおもてなしです。

昨日作ったカレーをバターライスの上にソースとしてのせて、真ん中にすこし穴をあけて、玉子を落とし、最期にチーズを散りばめて、オーブンで焼き上げるというメインrestaurant

みんなで食べる機会は少ないので、こういうときは張り切ってがんばります!

喜んでもらえたかなshine

Dvc00002 Dvc00001 ごはんのあとは・・・別腹デザートですheart01

ひなまつりにちなんだケーキcakeを持ってきてくれました。

お内裏様のケーキと菱餅みたいな3色のいちごショートnote

ペロリと食べてしまいました!

大丈夫かな・・・最近食べすぎの私bearingでも美味しかったshine

ひなまつり・・一歩ずつに近づいている気がします。この前新年を迎えたばかりなのに、もう3月なんて早いですね。少しずつ暖かくなってます。

Dvc00005 ここのところ、あんまり天気が良くなかったので、車が汚れていました。

気になっていたのと、ちょうどガソリンも無くなってきたところなのでGSへ行って洗車までしてきました。私はガソリンスタンドの中でほっと一息。あとは感じの良いスタッフの方が私の車のケアをしてくれました☆

明日からは4日間講義があり車で通勤するので、綺麗にして気持ち新たに行きたいと思います!

なんでもキレイになると気分がいいですねshine

そして、車をキレイにしたあとは歯医者さんで歯をキレイに。まだまだ治療は続きます。

Dvc00007 本を借りました。

歯医者さんからですsign01本棚のところに『貸し出しします』の文字pencil待ち時間で読み始めた本が途中で呼ばれてしまって・・・「あ~もっと読みたい~」なんて思うことがあったので、なんてすばらしいサービスなんだろうshineと思いました。申し出ると快く貸し出してくれました☆

歯医者さんで借りる本・・・って意外で新鮮でした。

まだ、借りたい本があるのでまた次に借りてこようと思います。まるで図書館みたい☆

患者側の心をくすぐる、心遣いがあふれている歯医者さんですhappy01ホスピタリティを感じる出来事がいっぱいでしたheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

それで充分です・・癒しの一冊から☆

今日から4日間の講習です。

地元で開催されるインストラクター養成講座。東京から本部の講師仲間が来てくれていますshineいつもは自分が出向いたり、一人で講習をしたりでしたが、久しぶりに4人で組んで講習をすすめることができるなんて嬉しいですnote受講生の人数が多いので、一生懸命集中していますrock

いろんなことを吸収できるこの4日間を私自身も楽しみにしています。まだ始まったばかり、あと3日頑張ります!

そして、最近は友人に教えてもらった本を開いてほっとしたりしています。少しご紹介すると・・・

4月14日 それで充分です

「空を見上げてみましょう。木を見てみましょう。

あなたは、今、リラックスし、人生を楽しんでいいのだと自分に許可を与えてみましょう。

ときどき自分に言ってあげましょう。

『精いっぱいやったこと、あるいは、できるだけやったこと、それで充分なのだ』と。」

Dvc00057 これは、シスター鈴木秀子の「愛と癒しの366日」(海竜社)からの1節です。

日めくり日記形式になっています。

人生に大切な言葉や知恵、こころの持ち方が沢山詰まった本です。

生と死を見つめる本でもあります。

どんな読み方をするかは自由shine

Dvc00058 私はその日の自分を振り返る意味で、直感で開いたところを読んでみることにしました。

そこには今の自分、今日の自分へのメッセージが出てきているようなそんな気がします。

イライラしたときに開くページは落ち着くような言葉が書いてあったり・・

今日開いたページには上に書いたような4月14日のページ「それで充分です」が

そっと心に入ってきました。優しい言葉にとても癒されました。

おすすめの一冊ですbookこれを教えてくれた、私の先輩「かちくん」さん、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

私の教本

098 「与える木」「Giving Tree」という絵本を知っていますか?シルヴァスタインという作家の本です。

大の仲良しだった男の子(坊やと呼んでいました)にりんごの木が、自分の身を削りながら何もかも与えて、それにさえ喜びを感じていく物語です。坊やが大人になるにつれ、お金がほしいと言えば、「私のりんごを売ってお金にしなさい」と言い、結婚するからおうちがほしいと言えば、「私の枝を切って家を作り幸せになりなさい」と。そして、この街に飽きたから、都会で働きたいと言えば、「私の幹を切って船を作り街に行きなさい」と言います。大人になった坊やはもう木登りをしてくれたり、根元でお昼寝をしてくれたり、一緒に遊んだりしてくれません。でも、与えることで満足して去っていくその坊やに木は毎回・・「木はそれで嬉しかった」と。「でも、それは本当かな・・?」とも書いてあります。

 最後に切り株だけになった木のもとに、おじいさんになった坊やが戻ってきます。そして、木は「もう、坊やにあげるものは何もないんだ・・」といいます。おじいさんになった坊やは答えます。「欲しい物は何もない。もう疲れたよ。休む場所がほしいんだ」。そうすると、切り株だけの木は思い切り背伸びをして、「さあ、坊や私にお座りなさい」と言います。最後におじいさんになった坊やはその切り株に腰掛けます。そしてやっぱり・・「木はそれで嬉しかった」・・・というストーリーです。

見返りを期待しない愛情、無償の愛について短い言葉ながらも強いメッセージで語られる大人の絵本です。この無償の愛を持つことはとても難しいことだと思います。でも、親の愛情がそうかなって思います。親の愛情は無償の愛のような気がします。どんなことがあっても見捨てないし、何度でも愛情を注いできて、だからと言って子供に見返りは求めないですもんね。

こうありたいと思ってもなかなかそうはいかないのが私です・・。やっぱりどこかでは見返りを求めてしまったり、自分が大事だったり・・。

大学のときに初めて出会ったこの本にとても感動しました。人間の芯の優しい部分のような気がしました。また、与えることに幸せや喜びを感じることができる人になりたいと☆あれからもう10年以上がたちました、今読み返すとまた違う気持も湧いてきます。本の中に1箇所だけ「でもそれは本当かな・・」という文が出てきます。本当に木は嬉しいのかなって。本当は寂しいのでは?と。

与えることに喜びを見出そう、与えることを楽しもうと頑張った時期があります。その度にこの本を読みました。でも出来なかった自分がいます。与えることには何の苦も感じなかったけど、寂しさがありました。だから今、この本を久しぶりに開いたら、木は寂しかったかもしれないと。

与える側があるかぎり、与えられる側もある。お互いが喜びあうことで優しい気持や、幸せ感が生まれるのではないかななんて☆どんな気持で与えてくれたか・・・それに気づける人になり、そして与えることができる人でもありたいと思います・・・でも、これって無償の愛とはちょっと違うのかな☆

いずれにしても、こんな愛情をもっていけたら素敵だなとも思います。家族、恋人や友達へ・・私の教本です。何かに迷ったときにそっと開くと心が落ち着きます。皆さんはどう読むでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

勇気をくれた出逢い

「笑顔を返すのに何秒かかりますか?」

この言葉は私のサービス、ホスピタリティ精神の大切な大切な柱となっている言葉です。

これは、常に患者様満足度で高い評価を得ている「聖路加国際病院」の院長先生のお言葉です。院長先生は日頃から「患者様に優しくしてあげてください」「患者様の声に耳を傾けてください」とおっしゃっているそうです。そんな中、ある医師が「毎日多くの患者さんを診てどれだけ大変か分かっていますか?そんなことできません」と言ったそうです。それに対して、院長はすかさず「笑顔を返すのに何秒かかりますか?」と切り返したそうです。私はこの言葉にじーんときました。毎日の業務は確かに忙しい・・・少し雑になってしまうかもしれない・・・でも「笑顔」をだすのに時間なんてかからないんだなぁって。微笑むことでどれだけの安心を与えることができるか・・そう思いました。

その心は、同病院理事長そして名誉院長である御歳96歳の「日野原重明」先生の教えが受け継がれているのだろうなと感じました。

Dvc00059 私が、日野原先生を知ったのはここ1,2年のことです。

でも今は人生の先輩として本を愛読しています。日野原先生を知ったら、聖路加国際病院のことを知って、その後、たまたま友人から頂いたサービスのレジュメの中に、聖路加国際病院のサービスの取り組みが載っていたんです。

つながってつながって、そしてまた日野原先生に戻っていく。学ぶことが多い先生です。好きなフレーズに付箋を貼っています。

何よりも「心」が大切だということを気づかせてくれます。

この本の中で「人生のビジョンを立てる」という項目があります。そこで日野原先生はお父様から受け継いだ言葉を紹介しています。

3つの「V」についてです。

1つ目の「V」・・・VISION(ビジョン)将来に対する展望を描くこと

2つ目の「V」・・・VENTURE(ベンチャー)勇気ある行動の実行

3つ目の「V」・・・VICTORY(勝利)目標の達成

自分の中にビジョンを描きそれに向かって勇気をもって行動することが人生の創造、勝利、目標達成につながると。

この言葉は私にも勇気を与えてくれました。何事も不安ばかり抱えて踏み出さなければ前には進めないけど、自分の信じた未来を描き、勇気をだして進んでいけばきっと満足いく人生がそこにあるのかなって私なりに解釈しています!

今年もVISONをもって勇気をだして前に進もうと思います☆勇気をくれたこの出逢いにも感謝です!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

興味津々の本たち

ようやく仕事のOFF期(←私だけ)に入りました♪この休み中にできることはいろんなことをやりたい!と思います。そこで最近は忙しくて行っていなかった本屋さんにいってきました。ぶっしょくしてきました!!興味のあるものは購入!

Dvc00003 一冊目

「おうちで楽しむにほんの行事」広田千悦子著

Dvc00004 睦月から師走まで、日本の伝統行事の由来や楽しむ方法を可愛らしいイラストと

写真で綴ってあります。

季節料理の作り方や季節の楽しみ方(例えば、昆虫採集にいってみよう・・など)

たくさんの楽しみが綴ってあります。

Dvc00005 私は日本の伝統行事にもとっても興味があります。

由来から知ればもっと楽しむことができると思います。

そういう本が少しずつうちには増えています♪

こうやって見ていくと、あらためて日本のよさが分かります。

四季のあることの美しさも

時々、専門学校の学生に、日本の行事やしきたりのついて余談で話したりします。そうすると「へぇ~」「へぇ~」と90へぇくらいきます。きっと、核家族でなかなか伝統行事を伝えたり、催したりしなくなってるのかなって思います。実際私が育った環境もそうでしたから。それでも、生徒が興味を持つのはやっぱり「日本」に生まれ育っているからなのかなって思います♪私が伝えることで興味を持ち、そして伝統を楽しんで継承していくきっかけになってくれればと思う今日この頃です。

Dvc00006 そして、2冊目。

「色彩と心理」松岡武著

最近は色にも興味があります。

色の基本的なことから、色がもたらす効果まで書いてあります。

色と心の不思議な関係を教えてくれる一冊です☆

自分が着る洋服の色で自分の見え方が違うとすれば、よく見せられるにこしたことはないし、いろんな色の効果が分かれば、ちょっと楽しい生活に変えていけるような気がします☆でも、読んでいて色の世界って不思議で奥深いなって思いました♪ますますはまりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

ゆる~い一日

ひさしぶりに朝寝坊しました☆

今日はゆっくりしよう!と決めました。

家着でウロウロ。ゴロゴロ。いい、実にいい!

Dvc00047 家にあったのもを合わせて朝昼いっしょのご飯。

なんだか分からないパスタ。

冷蔵庫をゴソゴソやってもきゅうりとウィンナーしか出てこず・・

かろうじて、いつ買ったのかバジルソースというステキなものが出てきたのできゅうりとウィンナーのパスタに。

絶対メニューにはないというか出せないけど自分では満足の一品になりました。

少し買い物に出かけたのはもう15時半。ダラダラとしていたので(=^ v ^=)

Dvc00049 そして、実家にも久しぶりに行ってきました。

実家では子犬の「ジャック」が最近やってきました。

ジャックに会いたくて顔を出してみました。

以前よりちょっと大きくなってやんちゃになっていて可愛い☆遊んで帰ってきました♪いいなぁ、犬。

夜ごはんは買ってきてしまいました;;(^o^);;本当にゆるゆるの日ですね。明日は朝からお仕事なのでいいかな。

Dvc00046 一日の締めに、ゆったりと雑誌を。

昨日新幹線の中で読もうと思って買ったのに・・ZZZ・・ZZZ、寝てしまい1ページもめくってませんでした。

本屋さんで、『女はやっぱり、顔』という、なんともインパクトの強いタイトルに心奪われ、また宮沢りえちゃんの美貌に惹かれ購入。

これ読んで自分磨きしましょ♪

・・・そう言ってるそばから、かなりゆるい一日を過ごしてしまいました。きっとこれも大事なのかな。明日は頑張れそうです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)