ビジネス

2013年9月 2日 (月)

盛岡

先月末は久しぶりに出張仕事で盛岡に行ってきました。

undefined
私は一泊でしたが、先に入っていた講師仲間は二日間の講義なので二泊。ヘルプ要員としてアシスタントをして帰ってきました。
あっという間の盛岡滞在でしたが、とても充実した時間でした。

2日目は午前中で仕事を終えたので

undefined
駅で三陸丼を食べて帰ってきましたbullettrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

医療の現場での接遇

私が病院の接遇に携わるようになって6年以上が経ちましたconfident
接客での接遇は心得ていても、対患者さんへの接し方自体は経験がないのが少し戸惑うところでもありましたcoldsweats01

基本的な接遇マナーについてや、おもてなしの心についてサービス業にむけた講義はできますが、果たして、これが求められる講義なのだろうかthinkと。

始めた頃は様々な医療に関する情報集めをしたことを思い出しますpencil

ホスピタリティあふれる接遇で有名な亀田総合メディカルセンターに話をうかがい、見学もさせてもらったこともありますshineご担当の方がとても親切に案内してくださり感激したことを憶えていますhappy01

その後は地元での病院ボランティアを通して、直接患者さんとふれあうことができ、声をきくことや、現場で働くスタッフの方の忙しさ、大変さ、素晴らしさを知ることもできましたconfident

なによりも分からないことがあれば、看護師さんへヒアリングができることも大きな力となりました。

長年看護師を勤めてきた方から、多くのことを今も学んでいます。

終末期の患者さんについてや、ドクターとの関係、患者さんとのコミュニケーションなど。

私はそこに接遇を加えていきます。

私ひとりでは、限界があっても、たくさんのご縁により一つの講義が出来ているのだと思いますclover

そして、たどりついたのは当たり前のようですが、
患者さん心理と顧客心理は違うけれど、ひとりひとりの状況に配慮するという根底はサービス業も医療も共通しているということ。

サービス業だったからこそ、伝えられることもあるのかも。違った視点からも大切なのかもしれないとshine自分なりの考えですがcoldsweats01

医療の現場は違うことも多いし、サービス業のようにいかないこともあるけれど、その逆も同じですよね。
それも含めて伝えられることをこれからも考えていこうと思います。

同じ目線で考えることと、客観的な目線も忘れないことconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)