« 梅雨入り | トップページ | 忠告そして仲間の絆☆ »

2008年6月23日 (月)

インパクトのある本!

信頼する方から面白い本を紹介していただきました。

タイトルからインパクトがあり惹かれます。

Dvc00040 そのタイトルは

『個性を捨てろ!型にはまれ!』ですすごいインパクトのこの本。

でも、とても面白い本でした。

人気漫画「ドラゴン桜」の著者三田紀房さんの本です。

ドラゴン桜は何年か前に、ドラマ化もされて、とても夢中になったのを覚えています。このドラマは偏差値30台のダメ高校生が東大入試にチャレンジする姿を描いたものでした。これもすごいインパクトのある面白いドラマでした

タイトルはすごいけれど、なるほど!と思うところも多くあります。「個性なんかいらない、型にはまってこそ成功できる」「世の中」には、成功するための型があり、個性も才能もいらない、ただ用意された型にはまればよいと過激な言葉から、この本は始まります。

個性重視」が叫ばれる今の時代では、「個性がなければ人にあらず」という風潮になり多くの若者が迷ってしまっているのではないか・・と。

本当にそれが正しいのか、本当の個性とは何だろう、個性はそんなに大事なのか・・ということを投げかけています。

確かに主張の強い本ですが、私はこの本から、基本をまず身につけることが大切だということをよみとりました。基本・・なんでも基本があると思います。まずはしっかりと基本ができてこそ、応用ができると。すぐに応用、人と違うことをしたいって思うかもしれません。でも、本当は基礎ができているからこそなんですよね。いきなり飛びぬけたことはできないし、それはけして個性的ではないと。

ある意味「型」。きっちり決められた型にはまってそれができて、そこに個性をだしていくこと。

私自身、講義をしていく上で、所属している会社の型があります。きっちり、その型にはまること。基本をしっかり身体に入れること。そこから自分らしい講義をすること。確かに、自分なりに個性的な、人とは違う講義がしたい気持ちは誰にでもあると思いますし、私自身も同じです。だけど、型にはまらず、人と違う個性的な講義をすることは、個性とは言えないと。それは自分のエゴであり、相手の求めているものを無視してしまうような・・・。そんなことを当てはめて考えられる本でした。

こんなに、インパクトの強い本でも、最後に著者が語った彼が思う個性とはというところで、この本に出合えてよかったなって思いました。

著者は個性を全否定しているわけではなく、「人と違うこと」が個性ではないと。意味もなく目立ったり、変わり者になることが個性ではない・・

じゃあ、何が個性

誰かの役にたっていること

誰かの役に立ち、誰かに求められ、誰からか感謝されることが、その人に存在価値があり、また個性がある証拠」なのだと。「どんな仕事であれ、たとえ簡単な仕事であっても、そこには「あなたが必要」でその仕事はあなたがいるからこそ回っているのだ

きっとあなたは誰かの役に立っている、自分の気づかないところで誰かに求められ、気づかないうちにそれに応えている。その意味であなたは十分すぎるほど個性的であり、その個性と存在価値はずっと保たれていく・・

これらの言葉で締めくくられています。心を動かされた部分を抜粋しているだけですので、中には過激な表現もあるかもしれませんそれでも、共感する部分が多いのは現代社会の中で忘れつつあることを考えさせてくれるからでしょうかまた、著者自身もさまざま経験を通して感じ取ったことだからでしょうか。

いろんな読み方があると思いますが、私はこんな風にこの本を読んでみました

ただ・・電車でこの本「個性はすてろ!型にはまれ!」を掲げて読むのはちょっとインパクトが強すぎて・・・こっそり読んでいた自分が可笑しかったです

とても読みやすい本です☆興味のある方は手にとってみてくださいね。久しぶりに面白い本でした!手に取るとき、ちょっと度胸がいりますが(笑)。特に私は穏やかな立ち居振る舞いを心がけ、マナーについて考えているイメージ!?なのに(笑)「個性はすてろ~!」なんて本を手にしているのですから

|

« 梅雨入り | トップページ | 忠告そして仲間の絆☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うわ~
なんか勇気づけられた感じ
読みたいです
明日本屋さんへ寄ってみます

投稿: サユリ | 2008年6月24日 (火) 19時41分

☆サユリさん☆
コメントありがとうございます。
本当に私も勇気づけられた一冊です。迷っていることも何となく軽くしてくれて、新鮮な気持になれました。
是非手にとってみてください☆ちょっと度胸いるかも(笑)
もし、本屋さんに無かったら、インターネットショップのアマゾンで検索してみてくださいね。私は捜しても無くてネットで買いました
すこしでもサユリさんの元気のもとになればいいな

投稿: utako | 2008年6月24日 (火) 20時10分

 早速入手して読んでいただいたんですね。
うれしいです。
 私もこの本から、あらためて基本の型を
身につけることの大切さを感じました。
 今の職業のなかでの型とは何なのか?
模索しながらがんばります。

 今後ともよろしく

投稿: のりこ | 2008年6月26日 (木) 10時41分

☆のりこさま☆
あの後、すぐ購入しました!
そして、あっという間に読んでしまいました!面白かったですし、勉強になりました。すごく、いい本でした。教えていただいて、感謝です!
ありがとうございました!
また、何かあったら教えてください

投稿: utako | 2008年6月26日 (木) 22時55分

ドラゴン桜大好きでした。
「個性を捨てろ」これまた私の仕事に当てはめると
真逆な投げかけですけど
かなり面白そうですね♪
「型にはまれ」という意味は
「自分の魅力は間違った方向に発揮せず正しい方向に出すように」
と解釈しましたが
どうでしょう?

投稿: luce | 2008年7月 1日 (火) 23時30分

☆LUCEさま☆
この本はインパクトがありますが、いろんな解釈やいろんな意味にとることが出来る本です。そして、それを自分自身や今後のお仕事に活かしていけるような気がするんです。LUCEさんのおっしゃるとおりだと思いますよ。自分に似合う色、魅力をしっかり知って、そして自分らしさをだしていくのではないかと。いきなり、これが個性的だから・・と身につけるのではなく、自分のことを知って、色の効果を知って、そんなことから身につけていくと、本当の個性が光るのかななんて。
どうでしょう、こんな感じは

投稿: utako | 2008年7月 2日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インパクトのある本!:

« 梅雨入り | トップページ | 忠告そして仲間の絆☆ »