« 明日行けば☆ | トップページ | ほのぼの会話 »

2007年7月27日 (金)

最後の授業と社会人として☆

昨日のクラスは秘書検定受験のため授業でした。このクラスは昨日が最後でした。4月からはじまり、6月の検定を受けて終わり。来学期はありません。来学期は1年生です!

なので、今日は最後の授業をしました。試験が終わってしまったので、ここ最近はビジネスマナーを中心にやっていました。挨拶の練習・笑顔の作り方・名刺の受け渡し・お茶の入れ方などなど。最終回の今日は少しまじめな話とサービスについてもお話しました。

秘書検やサービス接遇検定はどのクラスもなかなか実感もわかないし、仕事に直結するような資格でもないので集中が難しいようです。それでもなんとか前期の授業を無事終わることができました☆

そして最後なので「働くこと」についてお話しました。

「以前、あるクラスを叱ったことがある・・」という話からです。あるクラスはだんだん慣れてきたことや実感がわかないこの授業に集中できず、おしゃべり、居眠り、自由に歩き回る、違うことをやる課題は白紙であげる人・・というクラスでした。あまりにも・・なので「もうやめましょう、この授業。やりたくないことをやる必要はないのでは?本当に必要なの?必要ないならやめましょう・・」などお話をしました。

その後、クラスの代表の子が謝りに来てくれました。「申し訳ありませんでした。次からはまじめにやるので宜しくおねがいします」と。担任の先生も頭を下げてくださいました。(すみません・・)言われないと目が覚めない・・最近の生徒の傾向とか(;+_+;)。ひとりひとりはとってもいい学生なのに集団になるとつい・・☆悪気はないのかもしれませんね。叱ったあと、キョトン(・0・)?としてました。どの授業でもこんな感じなんだとか・・。

これではいけないぞ;(*◇*);と、昨日の授業では「社会に出る」とは。叱った出来事というのではなく、社会人としての自分側の気持ちや見方です☆

前の日どんなに遅くまで頑張って作った授業計画やプリントも・・・だからといって必ずしも結果が出るわけではないと。自分が誇りを持って好きでやってきたことが、簡単に崩されてしまうこともあります(T T)。それでも仕事です。いい時もあれば悪い時もあります。お褒めを頂いたり、また依頼を頂いたり、つながりが広がったり、楽しいこと、嬉しいことも沢山あります。その反面うまくいかなくて落ち込んだり、受け入れてもらえなかったりも。

これから社会にでるみんなもきっとこんなにぶち当たることもあるでしょう。例えば、寝ずに自分が一生懸命考えた企画や作品お客様のためのことが、いとも簡単に「こんなのダメだ」「やり直し」「使えない」と却下される。その時どうするか?投げ出す?だれも自分の努力を分かってくれない・・と悲観的になる?

分野は違うけど、私の仕事も同じです。一生懸命考えてきても、誰も聴いてくれない・・見てくれない・・そんなこともあります。でも仕事はしなきゃいけないのです。現実です。形はないけど、自分が大切にしてきたものを目の前で捨てられるような・・そんな悲しい気分になるときでも「仕事」は続きます。これが「社会に出る」「働く」ということ。

うまく言えないけど、ファッション系の学生たちなので、今はいろんな作品を作り、コンテストに出たり、ファッションショーで技術を披露したりしてます。その中では、だれもその作品について「ダメだからもう一度やり直せ」とか「こんなの使えない」とか、「出来ない人はおいていく」とかはけしてありませんね。むしろ、みんなが「すごいね」とか「がんばれ」とか「よくやった」と褒めてくれます。

残念ながらこれからはそういうことばかりではありません。いやなことでも乗り切っていかなければいかないんです。だからこそ、自分の夢や信念をしっかり持ってどんなことにもめげずに頑張っていける力をつけてほしいなと思います。そういう中で得られるものや喜びはとても大きいですから☆

そんなお話をして終了!このときばかりは静かに聴いてくれました♪

Dvc00006 そして最後にこの授業についてのアンケートを書いてもらいました。感想を書く部分に、ほとんどの生徒が「眠気に負けてすみませんでした・・」「おしゃべりばかりでごめんなさい・・」、「社会に出たらめげずにがんばります」など反省やら、これからの意気込みなどを沢山書いてくれました。終わりよければ全てよし(=^_^=)これからのみんなの活躍を楽しみにしています!秘書検合格できなかった学生たちが、また次受験する!という気持ちをもってくれたことも、よかったぁと思いました。

納得いかないこと、辛いことも多くある中でくじけずに頑張ってほしいなと。

|

« 明日行けば☆ | トップページ | ほのぼの会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

詩子先生
とても内容のある素晴らしいブログ
じーっと読ませていただきました。
どの日記からも
うんうんとうなづけるお話
そうそうと同じ気持ちになるお話
頑張っているな~って感心するお話
私もちゃんとっ!て気が引き締まるお話

このブログはずっと続けて欲しいです。
自分のやっていることを振り返ること
自分のことをよく知ることは
いろんな意味で大切なんですよね~。
詩子先生のブログを読んでいると
その作業が自然にできるんです。不思議です。

ありがとうございます。

また
東京でお会いできる日を楽しみにしていますね。

詩子さんとの出会いも『縁』ですね。
あの時があって今がある。


投稿: keyaki | 2007年7月27日 (金) 22時43分

))keyakiさん
コメントありがとうございます。仕事をしていく中でいつもいろんな出来事からいろんなことを感じています。前の仕事を退職しようというときにkeyakiさんに会ってお話したことを思い出しました。随分前から活躍されているkeyakiさんを見て、私も頑張ろう!って思ったんです☆その気持ちは今も変わってません。keyakiさんのブログを拝見して、なーんて楽しくて大人気のブログなんだろう♪っていつもワクワクしてのぞいています☆keyakiさんとご縁があって本当に良かったぁと思う日々です。
是非是非来月さっそくお会いしたいです!!
宜しくお願いします☆

投稿: utako | 2007年7月28日 (土) 07時55分

こんばんは、お久しぶりです。
素晴らしい内容ですね。
ブログを読みながら自分もそうだったなぁと遠い学生時代の過去とダブらせながら読んでいました。

それでも叱ったあとにちゃんと反省してくれる生徒さん、素直でかわいいですね。
それだけ真剣に取り組んでいるということです。

utako先生の言うように、特にファッション業界では、成功を掴み取れるのはごく一握りです。
どの仕事でも同じですが、成功や褒められることよりも、失敗や挫折感を味わうことの方が圧倒的に多いと思います。
そして、嫌なことや失敗から得られるコトすべてが、成功のパーツになっているんですよね。
そして一つの成功はまた次の目標のひとつのパーツになる。
『うんうん、そうだな~』とうなずきながら読ませて頂きました。

こんな話を聞かせてもらえた生徒さんは幸せですね!
必ずいつかutako先生が言っていたことを実感できる日が来ることでしょう。
まさに、若者よ、大志を抱け!ですね。
utako先生、一学期お疲れ様でした!

投稿: 店長 | 2007年7月30日 (月) 23時12分

))店長さんへ
コメントありがとうございます。
ようやく1学期終わりました。ほっとしています。ブログには書いたものの・・なんだか自分はちゃんと授業が出来たいたのかと反省しました。私の教え方はどうだったのか・・とも。
店長さんのように、自分のお店を持つという目標、そしてそれに向かう強い意志や信念、何よりも努力があって初めて夢が現実になるんですよね。さらに、それがゴールではないことも。店長さんの夢を形にしていく様子を見てきていたから、そんなに簡単なことではないんだと思い、今の学生たちにも伝えたい気持ちにもなりました。大変だけどやりがいがあるそんな夢に出会えて頑張れる生徒を一人でも多くサポートしていけたらなと思います!
店長さんも、体に気をつけて頑張ってくださいね。応援してます!

投稿: utako | 2007年8月 2日 (木) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の授業と社会人として☆:

« 明日行けば☆ | トップページ | ほのぼの会話 »