« 最後の授業と社会人として☆ | トップページ | 懐かしい祭り☆ »

2007年7月27日 (金)

ほのぼの会話

今日はコンタクトの作成に眼科に行ってきました。

私が視力検査をしている横で小さな女の子が視力の検査をしていました。病院という雰囲気だけで緊張しているお子さんを楽しく検査させてあげようと、看護婦さんがいろいろ話しかけていました。それを聴いて笑ってしまいました。

看護婦さん「いくつになったの?」

子ども「5さい」

看護婦さん「おりこうさんでえらいね~」「兄弟はいるのかな?」

子ども「3にん

看護婦さん「そうなの~、○○ちゃんは何番目なの?」

子ども「4ばんめ

看護婦さん「あれ~?!おかしいよね~、3人兄弟でしょう(笑)」

側で微笑んでいたお母さんが言いました。

一人っ子です・・(照)ひとつもあたってません・・(笑)」

思わず横で笑ってしまいました。子どもって面白い!ほのぼのとした気持ちになって帰ってきました☆

|

« 最後の授業と社会人として☆ | トップページ | 懐かしい祭り☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほのぼの会話:

« 最後の授業と社会人として☆ | トップページ | 懐かしい祭り☆ »